ひまわり保育園ではお子さん一人ひとりに寄り添った保育として、快食・快眠・快便が満たされるよう
排泄の観点に目を向けました。ヒトが本来持って生まれてきている排泄の感覚がなるべく自然な形で
発達するように大人がサポートしていく、オムツに頼りすぎない排泄のケアを行なっていきます。
職員はおむつなし育児の考えや取り組みに共感して、ノウハウを学びアドバイザーを取得しました。
お子さんがココロもカラダも健康的に過ごせるよう日々かかわっていきます。
ページの上に戻る